修理したお車の、修理箇所の色が周りと比較して遜色ない状態になっているかどうかは、お客様にとって非常に大事なことであると思います。
この周りの色と同化させる作業工程を「調色技術」といいまして、適切な塗料を混合させて車の元の色になじませ、見劣りしないように復元いたします。
なお調色作業はいくつかある補修塗装作業の中においても、特に時間が掛かり、高度な技術を求められる難しい業務と業界内では言われています。特に最近は、パールやキャンディなど色を合わせるのに苦労する新しい色も増えてきており、対応するのに経験と特別な技術を要するものも多くなりました。
そんな中、昭和自動車は、業界に先駆けていち早く高度な調色システムを導入し、当社独自のノウハウを蓄積してきました。
当社は、経験によるノウハウを蓄積しておりますので、国産・外車を問わず必要な部分の調色を行うことが可能です。さらに一度作業した車の調色のデータはコンピューター管理しておりますので、万が一再度調色が必要な場合でも、同じ色に近づけることが可能です。
なお、塗装膜の一番上にかけるクリアに、デュポン製の品質の高いものを使用しております。それはお客様のお車を、キレイなまま、少しでも長くツヤを保っていただけるようにという想いからでございます。


お車を引き取りに伺います
お問い合わせ